海外に移住せずに英語がペラペラになるのを目指すブログ

英語の勉強(TOEIC含む)の記事をつらつらと

アメリカ英語とイギリス英語の違い

最近聞いて面白いなーと思った話。

英語を勉強していると気付かされるのがそのバリエーションの多さ。

 

イギリス英語とアメリカ英語はもちろんとして、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド南アフリカ…と英語を母国語とする国ごとにそれぞれバリエーションがあります。

 

さらに「イギリス英語」と言っても一つの英語があるわけでなく、さらに地方ごとにたくさんのバリエーションがあります。特にイギリスは隣町に行くとアクセントが変わるといわれるくらい、バリエーションがあるらしいです。

 

で、先日友人と話していた時のこと。

「ビールください」をバーで頼むときにどう言うか?という話になりました。

自分は大概

 

Can I have a beer, please?

 

と言います。

 

これがイギリス英語だと

 

Could I possibly trouble you for a beer, please?

 

となるらしいです。長い。笑

基本的にイギリス英語では長くなると丁寧、という原則があるらしく例えば「電話を借して下さい」は

 

Can I use your phone?

 

よりも

 

I can't use your phone, can I?

 

の方が丁寧になるらしいです。

これが更に長くなると

 

Do you think by any chance there is any possibility that I might not be able to use your phone, is there?

 

というらしいです。長いですが基本的には「電話を借して下さい」という意味です。

こういった回りくどさは何となく日本語に似ているなーと思うところがあり、個人的には好きです。

 

皆さんはアメリカ英語とイギリス英語、どちらが好みですか?