海外に移住せずに英語がペラペラになるのを目指すブログ

英語の勉強(TOEIC含む)の記事をつらつらと

【TED】 火星には移住できるのか?火星を地球の予備として考えるのはやめよう

NASA天文学者、ウォーコウィッチ氏によるトーク。6分以内なので、サクっと見れます。
こちらは少し前に紹介した下記の記事と少し関連しています。

 【TED】 どうすれば、生命のいる惑星を見つけることができるか

火星移住を考える前に

宇宙望遠鏡ケプラーで観測をする彼女は、意外にも火星を地球の予備惑星を考えることに警鐘を鳴らしています。

乱暴に言うと、「火星移住とか夢みたいなこと考える前に、自分たちが住む星のことをもっと考えよう」って感じでしょうか。

彼女は天文学者で、日々ケプラー望遠鏡を使い、太陽系外の惑星探査を行っていますが、探索を進めれば進めるほど、地球がいかにかけがえのない惑星であるかに気づかされると言います。

地球以外に住めそうな星、と言われると誰でも思い浮かぶのが火星。
実際最近でも「マーズワン計画※」が話題になりました。


しかしウォーコウィッチ氏は火星を地球がダメになった後の、いわば予備として考えることに反対します。
その前にまず地球に目を向けようと。


実際彼女の話にもありましたが、こういった話が天文学者の人から出てくるのが面白いです。
一見自分たちの研究を否定しているように見えなくもないですが、逆にそういった立場の人からの意見のほうが説得力があります。

海外のことを知れば知るほど、自分の国のことを大切に思うようになる、とも言いますが、それに通じるものがあるのかもしれませんね。

※ちょっとびっくりしたんですが、マーズワン二次選考通過100人のひとりに「はてなブロガー」の人がいるんですね!

kyouki.hatenablog.com

 

英語について

英語の分かりやすさ:★★★

早い、というか流れるようにしゃべる感じなので、一語一語が聞き取りにくかったです。自分はこういったしゃべり方が苦手なのかも。

■分からなかった単語、表現
poise
trove
outpace
tantalizing
vista
hubris
surmount
terrestrial

動画について

Lucianne Walkowicz: Let's not use Mars as a backup planet | TED Talk | TED.com

TED2015
原題: Let's not use Mars as a backup planet
講演者: Lucianne Walkowicz
講演日: March 2015
時間: 5:50

広告を非表示にする