海外に移住せずに英語がペラペラになるのを目指すブログ

英語の勉強(TOEIC含む)の記事をつらつらと

【TED】 なぜダイエットは成功しないのか

www.ted.com

サンドラ・アーモット: なぜダイエットは成功しないのか | TED Talk | TED.com

 

英題は「Why dieting doesn't usually work」

なぜダイエットが必ず成功しないのか、痩せてもまた戻ってしまうのかを神経科学者の立場から説明してくれてます。

体の状態は無意識的にコントロールされている

まず初めに、体の状態は意識的よりもより無意識的にコントロールされているとサンドラ氏は言います。
意識的に痩せたいと思っていても、脳はまたそれとは別の働きをする。

脳は現状の状態を標準とみなします。そのため、ダイエットによって体重が減ると、体が飢餓状態にあると判断。結果として代謝を落とし、体重を上げようとします。
結果としてダイエットをすると、より代謝が落ち、同じ体重の人と比べると常に少ない量の食べ物を食べなければ行けなくなってしまいます。

これは人類の歴史的に飢餓状態のほうが肥満よりも大きな問題であったことの名残であり、ある意味避けられないと彼女は言います。

とある実験で、食欲により忠実な人(お腹が空いたら食べる)たちとダイエットしている人(お腹が空いても我慢する)たちの比較をしたところ、前者のほうが太る傾向が少なく、食べ物のことを考えることが少ないことが分かりました。後者の人たちは食べ物の広告や食べ放題などの誘惑に弱く、例えば一口のアイスクリームから暴飲暴食につながってしまったりします。

10代の前半でダイエットを経験した女の子は、そうでない女の子と比べoverweightになる確率が約3倍。

結局ダイエットは体重を減らすのではなく、増やすことにしかならないと彼女は主張します。

mindfull eating

ではどうすればいいのか?
彼女は『mindfullに食べること(mindfull eating)』を提唱します。

簡単に言うと「お腹が空いたら食べて、お腹いっぱいになったら食べるのを止める」という方法です。

食べる時により「mindfullに」、つまりより食べることに集中して、自分がお腹が空いているのか、それともお腹が空いていないのに食べたいのかを知ること。それによって、自分の食欲により忠実に食べることができる。結果として、暴飲暴食が減り、体重を減らすことにつながります。

ダイエットは大きな意志の力を必要とします。
しかしながら意志の力は限られており、それをダイエットに使ってしまうのはもったいない。

ダイエットをやめることが、より幸せな健康な人生を送ることにつながる、そう最後に彼女は言います。

-----------------
新年の抱負で今年は少し痩せたいなーと思ってたところにこの動画。
でも結構説得力はあります。
自分も過去にダイエットしてはまた太り、を繰り返してきたので。

途中でmindfullnessって単語が出てきたのには少し驚きました。やっぱりBuzzwordなんですねえ。

英語も分かりやすくていいです。オススメ。

時間: 12:42
英語の分かりやすさ:★★★★★