海外に移住せずに英語がペラペラになるのを目指すブログ

英語の勉強(TOEIC含む)の記事をつらつらと

【TED】最高の人材が必ずしも理想的でない理由

www.ted.com

レジーナ・ハートリー: 最高の人材の履歴書が必ずしも理想的でない理由 | TED Talk | TED.com

2016年の抱負として、1日1つ、TED talks のビデオを見ていくと決めました。

せっかくなので、その記録をここに残していきたいと思います。
いつまで続くか分からないけど。。

初日に見たのはこの動画。
レジーナ・ハートリーの「最高の人材の履歴書が必ずしも理想的でない理由」
英題は「Why the best hire might not have the perfect resume」

理想的な履歴書と穴だらけの履歴書

レジーナさんはどこかの会社のHR(Human Resources)で働いている人。
このTED talk で彼女は問いかけます。
「もし2人の候補者がいるとして、片方はいい大学を出て、素晴らしい経歴を
持っている。もう一人はごく普通の大学を出て、これまでの経歴を見ると
少し変わったような仕事しかしていない。どっちを採用しますか?」

彼女は前者を"Silver Spoon"、後者を"Scrapper"と表現します。

"Silver Spoon"は確かに優れた大学を出ていて、その大学に入るために
相当の努力をしている。
しかしながら、これまでの人生で大きな困難を経験していない。
それに対して"Scrapper"はこれまでに困難を経験しており、
持続性があると彼女は言います。

彼女もまた"Scrapper"だった、だからそれが分かる、と。
実際トラウマ的な経験をした人のうち1/3は現在幸せな人生を送っている。
トラウマ的な経験からより人は強くなることができる、そう彼女は言います。

-----------------
実際問題としては、まあ人によるのかなというのが
個人的な感想です。
"Scrapper"であってもすぐ辞めてしまう人はたぶん結構いると
思いますし。

でもなかなか面白い内容でした。
オススメ。


時間: 10:31
英語の分かりやすさ:★★★★★

広告を非表示にする